Preserved Flower

大阪でプリザーブドフラワーが人気な理由とは

赤い薔薇

大阪で花を誰かに贈ろうと思っている人の多くはプリザーブドフラワーを贈ろうと思っている人も多いと思います。 では、どうして大阪で多くの人が普通の花を贈らずにプリザーブドフラワーを贈ろうとするのかというとそれはプリザーブドフラワーなら贈り物に最適だからです。 では、具体的にどういう点でプリザーブドフラワーが贈り物に最適なのかというとそれはこの花ならすぐに花が枯れてしまうという事もなくて花を贈られた側も大長くその花を綺麗な状態で持つ事が可能になります。 ですから、これから誰かに花を贈ろうと思っている人でプリザーブドフラワーを贈ろうと思っていなかったという方はぜひプリザーブドフラワーを贈る事をおすすめします。それで多くの方はきっとこのプリザーブドフラワーという花を贈って良かったと感じると思います。 それぐらい、このプリザーブドフラワーという花は思った以上に手入れが楽で普通に綺麗な状態を保つ事が可能という事です。しかもこの花のすごい点は単に長持ちするというだけでなく普通の花みたいにすぐに枯れないにもかかわらず見た目は本当に綺麗な普通の花である点です。 なのでこれから大阪で花を贈ろうと思うならプリザーブドフラワーが一番おすすめです。

大阪でプレゼントとしてのプリザーブドフラワーについて

大阪ではプレゼントとしてのプリザーブドフラワーについてイベントや、誕生日、お礼としてお花を贈ることがありますが、プリザードフラワーだと生花と比較して大変喜ばれるものです。例えば、生花の場合、水に栄養剤を入れたとしても1週間程度しか綺麗な生花の状態で保つことができません。仮に、枯れた生花をドライフラワーにしたとしても、綺麗にドライフラワーができることは稀ですし、できたとしても色が茶色となる傾向があります。
生花をもらうのは大変嬉しいことではありますが、やはりプリザーブドフラワーの特性である、綺麗な状態で、日持ちもよく保存できるところは重宝されます。私は大阪で母の日に毎年プリザーブドフラワーを贈ります。理由としては、プリザーブドフラワーの日持ちはよく、いつまでも花が綺麗であることにとても喜んでいます。あとは、生花のように花に水をあげたり、交換したりという手間もないため、高齢者にとってみて楽に保管できるようです。
若干、プリザーブドフラワーは高めですし、アレンジメントを施したプリザーブドフラワーはその性質上、花の密集度が低く、ボリューム感に少し欠けますが、花の色を半永久的な状態で保てることがプリザードフラワー本来の特性は捨てがたいですよね。

大阪で広まりつつあるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは生花に特殊保存加工する事で生花の自然な形、色合い、柔らかさ、みすみずしさを何年にも渡り保ち続ける事が出来る新しい素材の花の事です。
フランスで生まれたプリザーブドフラワー、日本には1996年頃に輸入されました。しかし当時は花の種類も少なく値段も高かったので流行りませんでした。しかし2003年に国内に製造メーカーができ、そこから日本中に広まる事になりました。今は大阪でも母の日にプレゼントが主流になっています。
プリザーブドフラワーは1年~2年、美しさを保てますが環境や保存状態によっては、さらに長期間楽しむ事が出来ます。
水やり、水換え等のお手入れが一切不要で誰でも簡単に楽しむ事が出来ます。しかし湿気に大変弱い為、梅雨の時期や夏の高温期には気をつけなければなりません。
直射日光は色あせの原因になりますので当たらないように注意します。ホコリの気になる時はなるべく触らないでドライヤーの弱冷風で軽く吹き飛ばすと良いでしょう。
また色の濃い花は色移りする事がありますので壁などに接しないように気をつけます。プリザーブドフラワーには様々な花が使われています。一般的に大阪でよく知られているバラやカーネーション、優しいイメージのアジサイ、小さくて可愛いカスミ草、星形のジャスミン。その他、色合いては欠かせないグリーン系のバラの葉、アイビー、ユーカリ等があります。
生花とはまた違う様々な色合いがあり個性的なアレンジを楽しめる花です。大阪で大切な方の誕生日プレゼントはぜひプリザーブドフラワーを。


催しごとの際のプレゼントなどにはプリザーブドフラワーが大阪では喜ばれるにあります。とくに最近大阪ではその傾向が顕著なので、招待されたときにはプリザーブドフラワーを用意していくといいでしょう。

プリザーブドフラワーを長く楽しむ方法

永遠の花とか長持ちする花と言われているプリザーブドフラワーですが、多くの人は思い違いをしています。確かに生花のように枯れることはありませんが、取り扱いを誤…

オレンジ色のお花